丸太小屋をセルフビルドでつくる!

杉の4m材でハンドメイドの丸太小屋を建てた詳細をレポート

庇を作る

昨年(2016年)8月22日の台風9号でひどい目にあった、東からの猛烈な暴風が丸太の壁面を直撃し、グルーブの接合部から室内に浸水が始まった。それはまるで消防ホースの放水を近くから一斉に浴びたような状態である。昼から3時頃まで、浸水はとどめなく続き室内は水浸しとなった。バスタオルを敷き水を吸わせバケツに絞り、汗だくで汲み出した、それが3時間続いたのである。もうあんな経験は懲り懲りである。それにしても夜でなくてよかったと思う。

今年の台風に備えて急きょ、丸太の壁面を覆う広いヒサシを作る事にした。その工事の一部始終である。

まず基礎の穴を掘る、450角で深さ300、2730スパンで3箇所掘る。

f:id:marutagoya1:20170127121848j:plain

サイコロを置いて、300角の鉄筋を載せる。

f:id:marutagoya1:20170127122155j:plain

そこにフーチングとなるコンクリートを150厚で直接流し込んだ。450ほどの鉄筋(D10)を4箇所差し筋する。

f:id:marutagoya1:20170127122849j:plain

9ミリの合板で250角の型を組み穴にはめ込む。各コーナーと天端に面木を取り付ける。

f:id:marutagoya1:20170127123158j:plain

手練りでコンクリートを作り、型枠に流し込む、この時、巣が出来ないように、玄能で合板をコンコンと叩き、空気を押し出す。真ん中にD13の鉄筋、端に羽子板ボルトを刺す。

f:id:marutagoya1:20170127142359j:plain

 

f:id:marutagoya1:20170127123240j:plain

今回使う丸太の柱、末口18cmの杉3本。上から500程を120角(4寸角)に仕上げておく。

f:id:marutagoya1:20170127123324j:plain

その上に載せる桁、これは8寸×4寸の杉、継ぎ手は台持ち継ぎにした、真ん中の柱の上で接ぐ。垂木が載る位置に455(1尺5寸)ピッチで欠き込みをしておく。

f:id:marutagoya1:20170127123359j:plain

f:id:marutagoya1:20170127142651j:plain

柱3本を立てる、底面に15ミリの穴を開け鉄筋をはめ込む。下げ振りで垂直を確認し仮止め。

f:id:marutagoya1:20170127123543j:plain

桁を載せる、男2人で人力で持ち上げた、60kg位か、いい重さだ。

f:id:marutagoya1:20170127123726j:plain

2本めも載せて接続する。ヤレヤレ、いい汗をかいた。

f:id:marutagoya1:20170127123809j:plain

垂木を打っていく、垂木は90×45の杉材、150のタルキーネジで留めた。

f:id:marutagoya1:20170127123850j:plain

柱と桁を緊結する金物。

f:id:marutagoya1:20170127123920j:plain

垂木の上に構造用合板を打ち、その上にアスファルトルーフィングを敷きその上にカラー鉄板を打った。合板は2×4で使う緑の釘(50mm)で打つ。カラー鉄板はヤフオクで手にいれた格安品。50のステンレス釘で垂木に直に打つ。

f:id:marutagoya1:20170127123955j:plain

これにて完成である。カラー鉄板はアウトレット品で緑色しかなく、気にせず使ってみたがモスグリーンなのでそれほどの違和感は無い。これで今年の台風は怖くない。

f:id:marutagoya1:20170127124049j:plain

あとで考えて、地震対策で、ほうづえを左右のコーナーに取り付ける。

f:id:marutagoya1:20170127124123j:plain

 

 

 

露天風呂を作る(後編)

さて、露天風呂工事もだいぶ進んで、これから仕上げに取り掛かっていく、まず洗い場にジャワ鉄平を平張りした。これは基盤のコンクリートを打っておいて、乾いてから、その上にキープメント(接着セメント)で貼っていく。目地はキープメントの目地モルタルで埋める。

f:id:marutagoya1:20160924184909j:plain

これがお湯を沸かす薪窯長府製作所のCHS-6型、45cmの薪が入る。外に置いても錆びないステンレス製。

f:id:marutagoya1:20160924185027j:plain

周りはグルっと杉板で囲った、風が通るように目透かし張りにした。

f:id:marutagoya1:20160924185115j:plain

f:id:marutagoya1:20160924185223j:plain

外に、排水用の浸透池を掘った、崩れないように石で囲む。

f:id:marutagoya1:20160924185319j:plain

給水は天水を使う、雨任せのズボラ風呂である。

f:id:marutagoya1:20160924185408j:plain

雨樋に集水器を付けて、青いホースで浴槽内に引き込んである。

f:id:marutagoya1:20160924185458j:plain

木戸の取り付け。f:id:marutagoya1:20160924185600j:plain

これにて完成である、あとは雨を待つのみ。

f:id:marutagoya1:20160924185654j:plain

 

 

露天風呂を作る(前編)

これから露天風呂を作っていきます。裏に作った納屋の一角、二坪ほどのスペースに。ここがその場所。眺めはまあまあかな、田んぼと竹やぶが青い。風呂の熱源は長府製作所薪窯を使う。   

f:id:marutagoya1:20160902142435j:plain

まず、初めに排水用の塩ビ管の埋め込み、50のVU使用。浴槽と洗い場の2箇所。

f:id:marutagoya1:20160902142703j:plain

自然石を使って、脇にささやかな植め込みも作ってみた。

f:id:marutagoya1:20160902142840j:plain

浴槽部の下部にD13の鉄筋を配筋する、水圧がかかるのでワンランク太くした。

f:id:marutagoya1:20160902143307j:plain

ここに基盤のコンクリート打設、

f:id:marutagoya1:20160902143418j:plain

浴槽の芯となる、7cmの薄型ブロックを積んでいく。縦筋も横筋も入れた。

f:id:marutagoya1:20160902143511j:plain

二段半積んだ状態。高さは500ほど。

f:id:marutagoya1:20160902143609j:plain

植え込みに木を配置。少し雰囲気が出てきた。

f:id:marutagoya1:20160902145502j:plain

浴槽の下部に断熱材のスタイロフォームを入れる、30と25のダブルで55。これを入れないと湯冷めが早くて、すぐに冷めてしまう。

f:id:marutagoya1:20160902143700j:plain

その上に防水コンクリートを打つ。50厚で。

f:id:marutagoya1:20160902143752j:plain

そして、内張りの保温、断熱効果のある新島の抗火石を貼る。25厚。これを貼ることで湯冷めがまるで違う。

f:id:marutagoya1:20160902143837j:plain

これが貼った状態、タイル接着用のセメントを使った。軟らかいのでダイヤモンドディスクで、豆腐を切るみたいに切れる。

f:id:marutagoya1:20160902143926j:plain

これはオーバーフロー用の樋、杉の芯材を使った。

f:id:marutagoya1:20160902144025j:plain

抗火石の表面に防水モルタルを塗る、

f:id:marutagoya1:20160902144119j:plain

内張りに使うのは、ジャワ鉄平。凸凹あり変色ありのじゃじゃ馬鉄平石。しかしそれが味になって天然のワイルドさが醸しだされる。

f:id:marutagoya1:20160902144208j:plain

ジャワ鉄平を貼っていく、重さがあるのでタイル用の接着セメントを使い、目地に木片をはめ込んでいく。形はダイヤモンドディスクで整形する。

f:id:marutagoya1:20160902144300j:plain

循環パイプ用の丸い穴を開けておく。これはちょっと手間取った。

f:id:marutagoya1:20160902144415j:plain

小壁も同じようにジャワ鉄平を貼る。

f:id:marutagoya1:20160902144514j:plain

外側も片面だけジャワ鉄平を貼った。目地には専用の目地モルタルを、スポンジコテで塗りこみ、特大のスポンジを濡らし拭き取っていく。何回も拭き取り仕上げる。

f:id:marutagoya1:20160902144607j:plain

循環パイプの取り付け。モルタルで固める。

f:id:marutagoya1:20160902144702j:plain

外側の片面(室内側)に自然石を貼り付けていく、これは普通のモルタルで大丈夫。配置のコツは、石に聞くとボクここがいい!! と言うのでそれに従う。

f:id:marutagoya1:20160902144806j:plain

二段目も貼り付ける。かなり岩風呂の雰囲気になってきた。

f:id:marutagoya1:20160902144902j:plain

一番上に玉石をぐるっと並べてみた。これは接着セメントで固定。

f:id:marutagoya1:20160902145012j:plain

何千年も川の中で転がっていた石たちが、こうして一堂に会して一つの形を作ってくれた、ありがたい。

f:id:marutagoya1:20160902145125j:plain

 

f:id:marutagoya1:20160902145315j:plain

高さがあるので石段もつくったよ。

f:id:marutagoya1:20160902145409j:plain

ここまでで前編は終わります、引き続き作業をしているので追って報告できると思います。ご期待ください。

 

 

 

 

 

渇水対策

 天水(雨水)を活用する

最近のダムの貯水量が心もとないので、少しでも貢献できればと思い、天水を活用する事を始めてみた。水道から出る水は元を正せば天から降る雨である。それを直接自分の家の屋根からいただく訳であるから、こんなに間を省いた実質的な事はない。

話は簡単である、雨樋の水を引き込めば良い、早速仕掛けを作ってみた。雨樋を途中で切断し、ホームセンターで購入したアメポイントなる集水継ぎ手を取り付ける。これに洗濯器用の排水ホースをつなげて、室内の浴槽に引き込んだ。(付属のホースは短い)

写真のポールは洗濯用のステンレス物干し竿、地中に埋め込みアルミテープで固定した。 

f:id:marutagoya1:20160712204406j:plain

f:id:marutagoya1:20160712204536j:plain

ダムの水源に雨が降らなくても、自分の家の屋根に降ってくれれば、このとうり水は貯まる、シトシト雨でも一日降れば半分は貯まる、1.5㎥位か。この水はトイレ用や入浴用、非常時には沸かせば飲用にもなる(自己責任で)

f:id:marutagoya1:20160712204824j:plain

これがアメポイントの本体、雨水タンクとセットで様々な商品が販売されているが、かなり高額なので、これだけ買ってタンクは何でも工夫すれば良い。

f:id:marutagoya1:20160712204620j:plain

f:id:marutagoya1:20160712204700j:plain

このタンクは農業用の物2㎥タイプ、ホームセンターで意外と安く手に入る。フタの真ん中に穴を開けてホースが入るようにしてある。蛇口は自分でつけた、21ミリの穴を開けてパッキンをセットすれば水は漏れない。この水は畑用や植木用、洗車などにも使う。

f:id:marutagoya1:20160712204908j:plain

丸太のテーブルを作る

丸太小屋を作った時の端材で、小さめのテーブルを作ってみる事にした。この端材はちょっと太すぎて切り落とした元口部分。長さ1m、元口40cmある。もう2年以上経つのでかなり乾燥している。

スミを出してチェーンソーで横挽きする。

f:id:marutagoya1:20160629033403j:plain

芯材の赤と白太のコントラストが綺麗に出た。

f:id:marutagoya1:20160629033546j:plain

四面を全部カットしていく。

f:id:marutagoya1:20160629033638j:plain

これが仕上げた状態。この時は角の部分は180×120になってる。

f:id:marutagoya1:20160629033722j:plain

 

f:id:marutagoya1:20160629033825j:plain

天板になる部分、これは開口部をカットした時の端材。

f:id:marutagoya1:20160629033906j:plain

電動カンナで仕上げた。監督さん、これでいいですか?

f:id:marutagoya1:20160629034109j:plain

裏を掘り込む。

f:id:marutagoya1:20160629034226j:plain

はめ込んでみた、しかしどうもしっくりこない、不恰好である。胴の部分が太すぎるし、天板がずんぐりしてる。思い切って大幅に作り変えてみることにした。これは、こんなこともあるよ、と言う失敗の見本である。

f:id:marutagoya1:20160629034328j:plain

これが修正後の状態、胴の部分を120角にして天板を450から600に変更、すっきりしてスリムになった。天板は半丸でなく板状のほうが軽くて使いやすいと気がついた。

f:id:marutagoya1:20160629034420j:plain

室内にセットしてみる、お茶を乗せたり本を置いたりするのに重宝している。

塗料はチークオイル(亜麻仁油)を二回塗りで仕上げた、表面がしっとりして味わい深いものがある。(自画自賛かな?)

f:id:marutagoya1:20160629034552j:plain

納屋を作る

足場丸太を利用して、薪小屋をかねた納屋を作ることにした。ここに足場丸太が生きてくる。サイズは2.7m×5.4m、約4.5坪。納屋としてはやや大きい方だ、いわゆる掘っ立て小屋だが、柱は地面に直接埋めないでコンクリートアンカーの上に立てた。直接埋めるとどうしても虫食いや腐れの原因になりやすい。300角のコンクリートに鉄筋を一本埋め込み、そこに穴を開けた柱を差し込んで立てた。柱の先端はイスカに加工する。

屋根勾配は2寸とした。垂木になる丸太は150のタルキーネジで、上から一発で決めた。

f:id:marutagoya1:20160609184008j:plain

f:id:marutagoya1:20160609184154j:plain

手前から、露天風呂スペース、バーベキューコーナー、奥が薪置き場となっている。露天風呂は、おいおい考えながら作る事にしているので、又の機会に紹介できると思う。

f:id:marutagoya1:20160609184302j:plain

丸太を挽き割った時の、端材を張ってみた。これが意外と風情をかもしてくれる。何でも物は使い様である、取っておいてよかった。

f:id:marutagoya1:20160609184450j:plain

 

f:id:marutagoya1:20160609184609j:plain

床と腰壁には、基礎に使ったパネルを使用、最後まで役に立ってくれた。明かり取りの窓は不要品を頂いた物、リサイクルです。

f:id:marutagoya1:20160609184701j:plain

バーベキューのスペース、なんかいい感じ。

f:id:marutagoya1:20160609184815j:plain

薪小屋には2段の棚を設置、これも全て基礎パネル。

f:id:marutagoya1:20160609184906j:plain

屋根はホームセンターに、ガルバリウム波板があったのでこれを使った。陽の当たる時にザワザワと変な音がする、何が原因かよくわからない。

出入り口のドアはまだ付けてない、ま、いいか。

f:id:marutagoya1:20160609185051j:plain

煙突掃除

足場用のハシゴを作る

春が来て暖かくなり、もうストーブは要らなくなった。一冬お世話になった薪ストーブの、煙突掃除をすることにした。煙突掃除はシーズンが終わったら必ずしなければならない。そのまま来シーズンも使うと、煙道火災になる危険がある。

さて、屋根には脚立で登るとして、問題はその先である。勾配は6寸と緩いのだが、ガルバリウム鋼板なので滑りやすい、そこで写真のような変形のハシゴを作った。このカギの部分を煙突にまたがせる。

f:id:marutagoya1:20160516204812j:plain

これがセットしたところ、脚立とは紐でしばった、さらに脚立自体が倒れないように、鼻隠しにもしばった。

f:id:marutagoya1:20160516202536j:plain

 

f:id:marutagoya1:20160516202702j:plain

トップがだいぶススけている、鳥の巣は無かった。

f:id:marutagoya1:20160516202810j:plain

 

f:id:marutagoya1:20160516202858j:plain

f:id:marutagoya1:20160516203051j:plain

このブラシを使う、106mm径の煙突専用ブラシ。

f:id:marutagoya1:20160516203257j:plain

上から入れていく、意外と抵抗なくスムーズに入る。1メーターの継ぎ棒を3本ねじり継ぎ、3メーターにして上下にしごき、ススを落とす。やや引っかかる感じはあるが、つっかえるような事はない。

f:id:marutagoya1:20160516203405j:plain

f:id:marutagoya1:20160516225125j:plain

ストーブの煙突を外した状態、上の煙突は板で支えている。

f:id:marutagoya1:20160516203538j:plain

ストーブの中もかなりススがこびり付いてる。ワイヤーブラシでこそげ落として綺麗にした。

f:id:marutagoya1:20160516203625j:plain

45㍑のゴミ袋をテープで止める。

f:id:marutagoya1:20160516203744j:plain

落ちたススは乾燥していて、サラサラしている、いい状態に見えた。杉や松など、あまり薪として良いとは言えない樹種も燃やしたので、少し懸念があったが問題無かった。二重煙突の効用か。

f:id:marutagoya1:20160516203843j:plain

かなりの量が出た、使いはじめて終わりに近づいた頃、煙の引きが弱くなってきたのは、このせいだった。4ヶ月分も溜まっていたのだ。

f:id:marutagoya1:20160516203923j:plain

ワイヤーブラシと継ぎ棒4本セット(ホンマ製作所)

f:id:marutagoya1:20160516204307j:plain

外した煙突も綺麗に清掃。これは室内部分なので、二重煙突ではない。

f:id:marutagoya1:20160516204011j:plain

トップはワイヤーブラシとカネヘラで汚れを落とした。中からゴッソリ出てくる。

f:id:marutagoya1:20160516204131j:plain

再び組み立てる、サビも落ちて綺麗になった。

f:id:marutagoya1:20160516204433j:plain

中はガラスのスス汚れがひどかった。ビスが一本とれていたので、直した。ガスケットはまだ使えそうだ。

f:id:marutagoya1:20160516204519j:plain

これで煙突掃除は無事終了、屋根に抜く直型なので、全部分解する必要がなく、意外と簡単だった。以前、壁に抜くL型煙突を使っていた事があるが、全部外して掃除し、再度組み立てていたので、かなり手間がかかり大変だった。ススも湿ったタール状で落とすのに苦労した記憶がある。