丸太小屋をセルフビルドでつくる!

杉の4m材でハンドメイドの丸太小屋を建てた詳細をレポート

道具を揃える(1)

専用の道具

丸太小屋を建てるには、どうしても必要な道具が色々有り、それらを列挙してみます。  

●木回し 

皮むきなどで、丸太を回すのに使用。なかなか、金物屋さんでは見かけない、林業の道具。製材屋さんに聞くと、入手先を教えてもらえる。

f:id:marutagoya1:20160416194500j:plain

●リフティングトング

クレーンで丸太を吊るのに使う。これはスウェーデン製で、ワイヤー一本で吊れば、テコの原理で締まるように出来ている。問い合わせ:グッドウッズ ☎0597-32-1000 林業用品通販店(ここは、他にもログハウス用品多数あり、カタログ請求する)

f:id:marutagoya1:20160416194639j:plain

 

●皮むきナイフ

トラックの板バネから、鍛冶屋さんに作ってもらった。かなり年季が入ったナイフ。市販されてないので、探しがいのある道具。

f:id:marutagoya1:20160416195003j:plain

●スクライバー

近代のログハウス作りに必須な道具。これなくして精緻なフィットは望めない。ログハウスの神様アラン・マッキーさんの考案による。上が通常タイプ、下がダブルスクライブ用。前後、左右のレベルを同時に見て、けがいていく。鉛筆は柔らか目の6B位がいい。慣れるまで少し要領がいる。同物ではないが前述のグッドウッズにある。またはシンワのWスクライバー「きこり」も使えそうだ。

f:id:marutagoya1:20160416192503j:plain

    

●チェーンソー

私のは信頼できるスチール製の034と026、どちらも長年の酷使に耐えて、焼きつきもせず、よく働いてくれる。034は主に半割丸太を挽く時に、026はノッチやグルーブのカット、リカーブカットなどに使用。

電動チェーンソーも重宝な物で、室内の作業はほとんどこれを使った。排ガスは出ないし、軽量である。チェーンオイルは必要。コンビ缶とヘルメットも必要。

f:id:marutagoya1:20160416181904j:plain

 カニクレーン トーア製1.3t吊 リモコン付き

4mの杉丸太でも、生木ならば200kg位あるので、とても人力では動かせない。どうしてもクレーンが必要になる。私の使ったのはカニクレーン。これは石屋さんが、お墓などの工事で使うもので、アウトリガーをたためば幅80cm位になり、コンパクトで小回りがきく。だが、これで組み立てをするには、建物の3方面で作業できるスペースが必要。カニクレーンを探すなら、5段ブームのリモコン付き(有線)がいい。私のは4段だったが、あとすこし届かない、と言う事が少なからずあった。これで小屋組をかけるのは無理なので、その時は大型のラフタークレーンを頼むようにする。

カニクレーンはヤフーオークションなどに出品されているので、検索してみるといい。私は、53万円で落札し、2年半使用後40万円で手放した。

f:id:marutagoya1:20160416181226j:plain

これがアウトリガーを畳んだ状態。とてもコンパクトで小回りがきく。

f:id:marutagoya1:20160423075254j:plain

熊本の大震災

熊本の大地震について少し触れたいと思います。平成28年4月14日に突然の大震災に見まわれ、亡くなられた方には深い哀悼の意を捧げます。また、被災された方々には、一日も早く生活が再建できますように、お祈り申し上げます。

この大震災の起こる、わずか2日前に地震のことについて書きました。ログハウスには強い耐震性があり、震度7地震にも耐えた実績があると、大層なことを書きました。もちろんデタラメではありませんが、いざ、本当に震度7地震がこんなに早く起こってしまうと、熊本のログハウスはどうだっただろう?と、少しの危惧の念もあります。しかし、地盤崩壊さえなければ、我らがログハウスたちは、きっと持ちこたえてくれているだろうと、信じています。

 

この他にも、必要な道具はもちろん、多々あります。次にもう一度、記してみたい思います。